ZEN and The Money 

本来無一物 是無尽蔵~エキサイティングな人生を歩む、全ての若者のために~

怠惰な人間は死んでゆく

弁護士、経営コンサルタント、税理士など、世の中には色々な専門家たちがいる。

彼らは、彼らしか知りえない知識、やり方で我々の課題を解決していく。そしてその過程でお金をもらい、それを生活の足しに使い、自分への再投資に使う。逆に自分への再投資を怠る人は、どんどん競争力を失っていき、やがて仕事を他に取られる。    例えばSAPというERPパッケージを扱っているITコンサルタントを例に挙げよう。  ひと昔前まで、ERPといえばSAPであり、SAPの中のロジスティクスであれ会計であれ一つの専門分野をもっている人は大いに重宝された。それこそ購買、製造、販売まで一気通貫した最適化プロセスを提言できるのみならず、企業に実装できるSCMのプロフェッショナルとして優遇されていた。

しかし時代は変わるのである。                         現在国内にSAPコンサルタントは8千人おり、ほとんどの大企業はSAPを導入済みである。この成熟化した市場で、いかにコンサルタントとして自分の価値を出すか、苦闘している人も少なくなくない。                          

                             

このようにして人間、そしてお金は巡りに巡り、それを得るにふさわしくない人から、それを得るに値する人の懐へと流れていく。

つまり、いくら優秀な人間でも、努力を怠ると、淘汰されるのである。

 

サラリーマンも例外ではない。

 

しかしサラリーマンは企業に属している分、この危機感が希薄な人が多いのではないだろうか。ルーティン化された日々の中で、与えられた作業さえこなしていれば、よいと思っているからかもしれない。僕の昔(前職のSier)の同期たちもそうだったし、僕もそうだった。

 

しかし、残念ながら今の僕は違う。もうそんな能天気な気持ちは持っていない。

 

なぜなら、いま圧倒的に恵まれていない環境にいるから。             事業が固まっていないが故に定期的に作業を与えてくれる人はおらず、そして組織の行く末もつかめない中、当然ルーティン化された作業もない。            もう少し詳しく書くと、事業の行く末は法規制によるところが大きく、更に規制をする側も試行錯誤しているのである。

 

このような時流のもと、事業環境下で僕がサラリーマン的スタンスをとったらどうなるか。日々に安住していたらどうなるか。

 

腐っていくのである。

 

 

 

憂鬱でなければ、起業じゃない

藤田さんの影響をうけたわけではないが、いま事業の立ち上げフェーズ

にいる自分と、起業当時の藤田さんを重ね合わせている。

というか、喝を入れてもらっている、といった表現のほうが正解か。

 

ameblo.jp

 

ここまでの経緯を話すと、僕は今月に前職(SIer)を二年目で退職し、いまは新しい場所で事業の立ち上げに参画している。

 

なぜ転職したのかというと、純粋に今やっていることの方がチャレンジングで楽しそうだったから。

辞めた理由に関してはキャリアが~、環境が~とかいろいろな理屈が付けられるけど、

僕が純粋に挑戦?と楽しさを求めて、この場に来た。(周囲にははだいぶ止められたけど。)

実際に僕が取り組んでいる事業は、世の中ではまだまだ浸透していないもの。

このサービスを開始すること自体大変だし、まだまだハイリスク。

 

でも、やるからにはこの事業を成功させる。

 

 

で、実際にやってみて、お前楽しんでいるのかと聞かれると、

そうでもない。

理由はカンタン。

俺がまだのめりこめていないから。

まだ仕事だと割り切っているから。

 

前職(システム導入、業務コンサルティング)と比較して、思ったことは、

ここでは、自分が何をやればいいか、誰も親切に教えてくれない、ということ。

てか誰も分からない。(厳密にはみんな自分のことしか分からない)

 

マネージャーが考えて、正確に計画を立てて、WBSをつくっていくなんてことは期待できない。

 

つまり仕事は誰かから与えてもらう、っていう考えから抜けない限り、

何一つ貢献できない。

 

もし今これを読んで、

上司から振られてくるタスクが多くて終わんねーよ、

っていう状況下にいる人がいたら、言わせてください。

 

君幸せです。

 

プロジェクトが既に回っていて、各人の作業がブレイクダウンされていること自体、

すごい幸せだよ、って言ってあげたい。

 

コピー取りでも、議事録でも、見様見まねのマニュアル作成でも、

なにか自分が貢献できる領域を探さないと。

 

隣の人が忙しそうにしていたら、その作業をかっぱらってくる。

まったく頼まれてもいないことをやる。

いつか必要になるだろうと勝手に想像して、自分の作業を増やす。

 

 

そういえば以前、あるベンチャー企業の代表者にこう言われた。

 

ベンチャーではね、社長が偉いのよ。

社員のままで終わったら、何にもないよ。

 

 

 

このような環境でも、

いやこのような環境だからこそ、目標を掲げなきゃ意味がないと俺は思う。

身の程知らずだと言われるかもしれないけど。

  

 

今は、目標と現実とのギャップを直視するしかない時期である。

直視し、前進するしかないのである。

 

 

 

憂鬱でなければ、起業じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイバーの藤田さんのブログを読んで

最近サーバーエージェントの藤田社長のブログを毎日読んでいます。

その中で気になった一節を紹介します。

 

力主義の時代に重要なのは地位でも金でもなく、キャリアを積んで一刻も早く実力をつけることだと思います。 私は社会人になってから猛烈に働いて、それなりにキャリアを積み力をつけてきましたが、 例えば、仮に突然私がサイバーエージェントのCEOをくびになっても全財産を奪われたとしても、 すでにキャリアを積んでしまった私にとっては全然平気です。 また新たに起業することも出来るし、別の会社のCEOをやることももできるし転職することも出来ると思います。 つまり、キャリアを積んで力をつけてしまえば何とでもなるということです。”

「経営者のキャリア」より  

www.cyberagent.co.jp

 

彼の言う実力とは、代替不可能な経験(実力)と+αの実績であると私は考えています。

例えば大企業で大きなプロジェクトに入り、開発であれコンサルであれ一つの役割を全うすることは立派だと思います。しかしこれは代替可能な経験です。業界とソリューションの違いから来るスキル面での差別化は可能だけど、代替不可能ではありません。

このように考えていくと、何か特別な技術を持った人材(技術者)を指しているように聞こえますが、違います。技術者になることは必要条件ではあるけど、十分条件ではない。

なぜなら技術者は自分で実績を生み出すことが難しいから。

技術者の活躍は往々にして、プロジェクトありきで、そのあとに配置されます。

いわば大きな地図を完成させる職人です。

しかし地図の需要を発掘するのは彼らではありません。

 

総括すると、上記の実績を

僕は「需要を発掘する(できた)こと」であると考えます。そして、需要を発掘することは「営業力」に他なりません。

 

ただし、営業は物を売ることに限りません。

 

営業とは、人が喜んでそれに(自分のもっとも大事な)お金を払いたいと思わせるような、価値を生み出すことです。

システムに詳しい、財務・管理会計に詳しいだけでは、新しい価値は生み出せません。

 

自分が、世の中に見たこともないような新しい価値を、どれだけ提供できたか。

 

これが技術者がもつ、+αの実績=実力になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

新天地

僕は五月をもって、二年弱在籍していた企業を辞めることにしました。

ITコンサルタントという職種で、SAP開発・導入関連の仕事、経営管理システムの導入と業務コンサルティングをしてきました。

 

なぜ辞めたのかというと、理由はいろいろあるものの、突き詰めていくとそれは

「不安」という言葉にたどり着きます。

一年上、五年上、十年上の先輩の仕事を見ていて感じた不安。

限りある人生の中で、自分もそうなっていくことに対する不安。

かつてあれほど憧れていたコンサルティングという仕事に、魅力を感じなくなってしまっていた状態を、打破できていない不安。

自分の仕事に対するモチベーションがこのようにlowなままではマズイ、と感じました。

 

いろいろな不安が重なっているときに、新しい仕事に出会いました。(会社ではなく、仕事です)

そこで、このタイミングで一度腰を落ち着かせて考えてみよう、と決めました。

 

僕は20代前半の今まで、人生にたくさんの悔いを残してきました。

もう、悔いは残したくない。

お前は人生を通して、何を実現したいのか。

それを考えて、考えました。

そして少しづつ、答えが見えてきました。

 

僕の父は異国の地で、学び、仕事をし、そして僕に大きなものを与えてくれました。

それは日本で人並み以上に暮らし、遊び、学べる環境です。

これらを用意するために父がした努力と比べたら、僕の大学受験、就活、仕事の苦労などたいしたものではありません。

 

僕も父と同じように、

自分の弟、後輩、子供たちに大きなものを残したいです。

それは精神的なもの、というよりは、物理的なものをイメージしています。

今現在、それを明確にすることはできませんが。

 

 

新しい会社では仮想通貨・ブロックチェーン技術関連のベンチャー企業の立ち上げに参画します。

ぼくのこの決断に対し、GOサインを出してくれた人はほとんど居ませんでした。

でも、もう後には退けません。

 

自分の人生の足掛かりを、少しずつ、見つけて行きたいと思います。

 

 

 

 

地上の王者

君の人生の夢は何だろうか。

 

これを手に入れずして、死にきれない。

そんな夢があるだろうか。

 

例えば、

君の書いた文章が世界中の人々に読まれる。

君の心・魂が言葉となって、幾千の人々の琴線を揺さぶる夢。

高層ビルの巨大なスクリーンから、街角の新聞屋さんまで。

至る所が、一瞬にして君の言葉で溢れかえる。

もしかのチンギス・ハーンが、燎原の勢いでユーラシアを征服している最中に、

君に出会ったら、君はこう言うだろう。

あなたより、私のほうが速い、と。

寸鉄持たずして、私はあなたを超える帝国を築き上げる、と。

 

 

例えば、

鬱蒼とした見渡す限りの新緑を通り抜けると、荘園の中に大きな噴水が見える。

その背後に構える、ガラス張りのモダンな邸宅、水面に映ろう木々の輝き。

自然と光に囲まれた邸宅で、ペットの虎と戯れる夢。

限りない大自然の一草一木から、邸宅のシャンデリアの輝きまで。

このすべてが自分のものである、そんな夢。

まるで地上の王者だ。

 

 

 

 なにか決断に迷ったとき、君の夢を思い出そう。

 

その際、現実は一切顧みるな。

 

でも現実は厳しいよね~、とか、そんなの普通の人じゃ無理だよ

とかは、絶対禁句。

君の周りにもいるだろう、評論家が。

愚痴だけは一人前に言える奴らが。

現実に汲々としている輩が。

 

そんなの無視しよう。鼻で笑おう。

 

わが人生、他人に手綱をつけられるほど、卑しくはない。

 

 

ただし、最後に一点忘れないで欲しい。

デカい夢は、夢想・空想と紙一重なのも事実。

行動を忘れてはいけない。

 

 

だからこそ、

Don’t be a Dreamer.

Be a DOer.

 

 

 

 

 

 

ブロックチェーンとe-文書法、電子帳簿保存法(前編)

 

皆さん、こんばんは。

 

突然だが、

今日は少しブロックチェーンの実用例の考察をしたていきたい。

 

テーマは、

ブロックチェーン技術によって、企業の書類保存が極めて効率的になり、コスト競争力が強化される」である。

 

 

 

まず、

 

経理関連の書類を保存する際、今までは3パターンあった。

 

①紙ベースでの保存、

 

②電子保存、

 

③スキャン(紙で出力し、スキャンして電子データとして)保存

 

 

 

法律で制限されていた関係もあり、①のパターンを採用している企業がいまだに数多くある。

 

考えてみればわかるが、①には甚大なコストがかかる。

 

例えば企業に存在する膨大な契約書や領収書、決算関係の書類を全部紙ベースで保存し、記入、承認などをやっているのである。自社内でこの作業が完結しているならまだしも、契約書、請求書などは当然他社とのやり取りである。文書の保管・管理コストは計り知れない。

内部統制の観点からみてもこのまま①を採用することは企業にとって大きな負担だ。

 

(※実際に2018年現在、日本企業全体の文書の紙保存によるコストは約2千億にも上るといわれている。)

 

 

 

この状況を鑑みてか、近ごろe-文書法電子帳簿保存法なるものが整備されている。

 

 

 

これらの法律の詳細は割愛するが、端的に説明すると、

 

上記経理書類に関し、今まで①でやっていたものを、②または③にしてもよいですよ!

 

ということ。

 

 

 

素晴らしいじゃん、ってみんな思うかもしれないけど、実はいくつかの問題点があって、

 

 

 

まず、

 

e-文書法を適用するための要件がネック。

 

 

 

この要件とは何かというと、電子保存された上記の文書の真実性を常に保持・証明する必要があるということ。

「真実性」とは、この文書が誰によって・いつ作られたものなのか、改ざんはされていないかが証明できるということである。例えば保存された電子データは変更が容易であるため、誰がいつ変更したかを分かるようにする必要がある。

 

この真実性を保証(実現)するために、現在は

 

1.タイムスタンプ と 2.電子署名   の二つの仕組みを持ったシステム導入が求められる。

 

 

 

実は、このシステムの導入のハードルが高いのが現実。

 

導入のためには外部のシステム会社に委託しなくてはならず、その導入コストも大きい。

 

 

 

このような実態があってか、殆どの企業はe-文書法に適応したシステムをもっていない。

つまり未だに非効率な書類保存をしいられているのである。

 

 

で前置きが長くなっちゃんたんだけど、実はこれからが本題で(賢い読者の皆ならお気づきかもしれないが)、

 

この「真実性の保持とその証明」こそ、ブロックチェーン技術の得意分野だったよね。

 

次章では、ブロックチェーン技術がいかに企業のコスト競争力を高めるか、

経理書類保存の観点から、一緒に見ていこう。

 

 

ALIS

 

ALISがクローズドβ版ユーザー事前登録を開始した。

僕も応募済み。(ちなみに僕はALISトークンも数千という単位でもっている)

 

 

 

medium.com

 

僕がALISプロジェクトのどこを評価しているのか。

 

それは記事作成者だけでなく、

優れた記事をいち早く発見した人にも報酬(ALISトークン)が与えられる点。

 

まあここでの「優れた記事をいち早く発見する」の意味は、

「将来たくさんのユーザーに評価されるポテンシャルを持った記事を、いち早く発掘する」ことなんだよね。

 

これは面白い。

 

我々は「書くプロ」ではないけど、

みな「読むプロ」である、という言葉があるが、この本質に目をつけたALISはすごいと思う。


良い読み手が集まり、良い記事が評価され、悪い記事は淘汰される。

その結果、悪い書き手はいなくなり、どんどん良い記事が生まれていく。


もちろん、これは良い書き手がしっかり集まってる前提なんだけど、この点、

ALISは良い書き手には報酬(トークン)をしっかり与える仕組みを作っている。

 

広告収入に頼らなくてもいいような、ALIS トークンという独自の仕組みを。


(ここがもっと知りたい人は、ALISのWhitepaper を読んでみていいかも)



つまり何が言いたいのかというと、

「好き」を突き詰めていくと、お金が稼げるようになる世の中が、すぐそこまで来てるかもよ、ってこと。

別にプロになる必要はない。


これって、素敵なことじゃない?



このようなBIGな可能性を持ったALISプロジェクトを、

みんなも応援してみてはどうだろう。